競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ユニコーンS



 東京メーンのユニコーンSは、ダートのダービーとも言える3歳馬の頂上決戦。今年は(13)ストロングバローズが人気を集めそうなところだが、1つ前の東京10R・青梅特別に前年の1番人気馬、同厩・同馬主のゴールデンバローズが出走しているのは興味深い。
  もう1頭、これと人気を二分しそうな(12)ゴールドドリームだが、『カツラギ』がチョイスしたのは(13)ストロングのほう。その予想勝率は20%であり、2番手に(12)ゴールドが16%、3番手に(14)グレンツェントが13%で続く形となっている。
  しかし『ダビジェネ』や『C−Lex』はすこし違った観点から攻め、それぞれ(4)ダノンフェイスと(6)ピットボスを筆頭に推奨。それらに対し僅差で総合首位をキープできた(13)ではあるが、(12)や(14)を買い目から削ることで妙味は見出せそう。ユニコーンSは(13)から(4)(6)(7)(16)(15)に流してみたい。
  函館メーンのスプリントSは人気が割れそうなところだが、意外にも予想ソフトの本命は(7)オメガヴェンデッタですべて一致。2番手(1)レッツゴードンキ以下に大差をつける高評価で、こちらは(7)から(1)(4)(14)(12)(6)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.