競馬マスターズ
2018年09月23日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 鳴尾記念



 これまでほぼ5〜6年ごとに、時期や距離、ハンデ戦や格付けなど、施行条件が一新され続けてきた鳴尾記念。宝塚記念へのステップレースという位置づけになって今年で5年目になるのだが、さすがにここで落ち着くのだろうか。
  まず『カツラギ』が期待するのは重賞3勝馬である(3)サトノノブレス。菊花賞2着も含めれば実績最上位の存在なのだが、それでも予想勝率38%は意外ともいえる高率と見えた。
  しかし、それを数の力でシャットアウトするのが『ダビジェネ』『C−Lex』推奨の(7)パッションダンスだ。新潟重賞4戦3勝、新潟巧者というイメージが定着してきた同馬だが、実は阪神芝2000mも4戦3勝。『カツラギ』以外の◎はすべてこの馬が押さえており、この馬が(10)ヤマカツエースも(12)ステファノスもまったく寄せつけない。
  (10)(12)の2頭は3、4番手に付けており、上位評価としては順当なところ。問題は、そこからただ1頭だけ抜け出した(7)パッションダンス、ここが決め手となるのだろう。穴系ソフトの推奨は(5)(11)の2頭で、鳴尾記念は(7)から(3)(10)(12)(5)(11)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.