競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 皐月賞



 超ハイレベルの三強対決ともいわれる今年の皐月賞。大きく離された4番人気以降も、例年の皐月賞なら中心勢力ともなり得る面々。本当に3頭の序列だけで馬券(3着以内)が決まってしまうようなレースなのだろうか? なぜなら、予想ソフトは今回の皐月賞を、決して三強対決とは認識していないからだ。
  『カツラギ』と『ダビジェネ』は予想勝率24%で(16)リオンディーズを筆頭に推奨。それを追う2番手が『C−Lex』本命の(4)アドマイヤダイオウで、さらに(15)エアスピネル、そのあとに(3)マカヒキと(11)サトノダイヤモンドの順。三強すべてが5番手以内に入ってはいるのだが、(16)リオンディーズを中心とした次位混戦と見るべきだろう。
  それら上位グループの中に(5)マウントロブソンや(14)ロードクエストの名前は無く、穴系ソフトが注目するのは(13)プロフェット、(12)リスペクトアースと(7)ウムブルフの3頭。ここは評価が4、5番手にとどまった(3)マカヒキと(11)サトノダイヤモンドを敢えて外すと馬券的には考えやすそうだ。皐月賞は(16)リオンディーズから(4)(15)(13)(12)(7)を結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.