競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 日経賞



 前年の有馬記念勝ち馬が年明け初戦に選んだのは、同コースの日経賞。ところが(9)ゴールドアクターだけではなく、2着馬の(4)サウンズオブアースと4着馬(2)マリアライトも同様の選択。今年の日経賞は有馬記念の再戦ともいえる様相か。
  昨年後半、1000万下勝ちからの4連勝。ものの半年で頂点までのぼり詰めた(9)ゴールドアクターだが、予想ソフトの評価は存外に低い。『カツラギ』が予想勝率15%で3番手、あとは△がチラホラと散見される程度なのだ。総合5番手。AR共和国杯も有馬記念も指数は低くはないのだが、今回指数が上がらないのは斤量の影響なのだろうか?
  この辺りのロジックはちょっと分からないのだが、それに代わって強い支持を得たのは予想勝率37%の支持を集めた(4)サウンズオブアース。前年の有馬記念では(9)ゴールドアクターにクビ差及ばなかったのだが、逆に菊花賞では3馬身半ほどの先着。その着差や2kgの斤量差を考えれば理解できない話ではない。
  しかしそれでも、これほどの差が付くとは思いもしなかった。日経賞は(9)ゴールドアクターを消しての勝負、(4)から(7)(8)(5)(6)(1)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.