競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - スプリングS



 この世代で最初に頭角を現わした(10)ロードクエストも、次々にそれを上回るような素質馬の出現で、相対的に評価を落としてしまった感がある。超ハイレベルとも言われる、この世代の中心勢力に返り咲けるのか。ここは復権を賭けるスプリングSとなるのだろう。
  しかしその(10)ロードクエストに、いきなりの黄信号。なんと半数を超える予想ソフトが、(10)ロードクエストではなく(4)マイネルハニーのほうを上位に挙げてきたのだ。もちろん、(10)の実績が軽視されているわけではない。驚くべきは、例年の皐月賞勝ちにも匹敵する(4)マイネルの前走指数だ。
  とくに『カツラギ』は(4)マイネルハニーの予想勝率を30%とぶち上げ、(10)ロードクエストは15%まで。むしろ11%の(2)ハレルヤボーイや10%(11)ドレッドノータスの存在が気になる配置となっている。
  もちろん(4)マイネルハニーは穴系ソフトにも大人気の存在で、それ以外に名前が挙がるのは(8)プランスシャルマンと(9)ケンホファヴァルトの2頭。今年はめずらしく少頭数のスプリングSだが、波乱の要素は十分。(4)マイネルハニーから(10)(2)(11)(8)(9)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.