競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - アーリントンC



 阪神メーンのアーリントンカップは、朝日杯FSからシンザン記念と続く、3歳牡馬のマイル路線。しかしこのレース、過去勝ち馬の半数が次走に1800m以上のレースを選択している点は気にかけておくべきか。決してマイラー固定のレースというわけではない。
  近年はジャスタウェイ、コパノリチャードにミッキーアイルと3年連続でG1ホースを輩出したレースではあるのだが、基本的には荒れ模様。今年も人気が割れそうだと考えていたところ、予想ソフトは少し意外な馬を大きく推奨してきた。
  6戦2勝、ここがマイル初距離となる(14)オデュッセウスだ。21%の予想勝率で、11%(11)ヒルノマゼランや10%(10)アーバンキッドを大きくリードするをこの馬を、『カツラギ』や『ダビジェネ』が強く推奨。
  たしかに08年ダンツキッスイや10年コスモセンサーなど、このレースで波乱を演出してきた馬の多くは前走が1400mだった。前走のクロッカスS2着が相当高く評価されているようで、この馬が人気薄なら面白い。アーリントンカップは(14)オデュッセウスから(10)(6)(7)(15)(2)、強気の5点流しで勝負としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.