競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - アルデバランS



 本日の京都メーンはダート1900mのオープン特別、ハンデ戦のアルデバランステークス。ここは重賞へ向けてのステップとしたい、昇級緒戦の4歳馬2頭が人気の中心ということになりそうだ。
  その中でも予想ソフトが注目したのは、連勝中の(11)サージェントバッジではなく(13)トップディーヴォのほう。過去に背負ってきた斤量、今回のハンデからも、こちらのほうが力量が上という判断だろうか。
  『カツラギ』は(13)トップディーヴォの予想勝率を22%と算出し、(11)サージェントバッジは13%。これに対抗する『ダビジェネ』本命(12)ショウナンアポロンも間に割って入ることまではできず、(10)フォローハートも含めて、全体的に外枠優勢の印が見てとれた。
  それとは対照的に、穴系ソフトが推奨するのは(1)シンゼンレンジャー、(4)スターバリオンと(3)オーブルチェフの内枠勢。若齢馬を本命にすえ、高齢馬で穴を狙うという手法は理に適っている。よってアルデバランステークスは、(13)トップディーヴォから(11)(12)(1)(4)(3)の5点流しを結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.