競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 愛知杯



 2014年までは年末の中京競馬場で行われていた愛知杯が、今年から年明けの開催に移設。秋華賞組とエリザベス女王杯組の再戦といった趣のレースだったが、両レースとの間隔が開いたことにより、この傾向がどう変化していくのか。注目の一年目だ。
  予想ソフトが目を付けたのも、やはりそのあたり。エリザベス女王杯最先着(7着)の『ダビジェネ』本命(16)シュンドルボンと、秋華賞最先着(3着)の『カツラギ』推奨(11)マキシマムドパリの両頭である。
  秋華賞組といえばもう1頭、5着に好走した(7)アースライズも気になるところだが、こちらは総合8番手に低迷。
  『C−Lex』はまったく別路線の(6)グレイスフラワーを推奨するなど、ハンデ戦であるだけに票が割れてはいるのだが、(11)の予想勝率18%は、ハンデ戦としては高い部類だろう。
  穴系ソフトが目を付けたのは(4)バウンスシャッセ、(10)メイショウスザンナと(9)アルマディヴァン。ハンデの重い3頭で、実績馬優遇の狙いは明白。よって、愛知杯は(11)マキシマムドパリから(16)(6)(4)(10)(9)への5点流しを結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.