競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京都金杯



 年明け最初の重賞は東西の金杯。ともにハンデ戦ということもあって、おみくじ的要素も含まれるレースだが、今年も実績馬と好調馬が入り乱れての乱戦、見ごたえのあるレースが期待できそうだ。
  しかし今年の金杯は東西ともにトップHのフルーキーとトーセンスターダムが問題なく1番人気に収まりそうな気配。そして予想ソフトが推奨するのも、この両頭ということになった。
  京都金杯の(16)トーセンスターダムは『カツラギ』予想勝率35%。この推奨に異を唱えるソフトは見当たらず、2番手(7)や3番手(3)を圧倒。穴系ソフトの推奨は(13)(10)(11)の3頭で、京都金杯は(16)から(7)(3)(13)(10)(11)に流す結論となる。
  もう一方の中山金杯は、『カツラギ』が予想勝率34%で(9)ベルーフを筆頭に推奨。しかしこの◎は孤立無援。『ダビジェネ』『C−Lex』など、他のソフトはすべて(10)フルーキーのほうを上位としており、総合ではアッサリと逆転。
  こちらは穴系ソフトの推奨が(6)ブライトエンブレムに集中しており、これもおそらく人気どころ。中山金杯は(10)フルーキーから(7)(9)(6)(5)(4)の堅い結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.