競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ターコイズS



 昨年までオープン特別として施行されていたターコイズSが、そのまま重賞に昇格。ずっと牝馬限定のハンデ戦として施行されていた競走だが、距離に関しては2000m、1800m、そして1600mと短縮されてきた歴史がある。
  2000mの時代から、連対馬の半数近くは3歳馬が占めてしまうようなレースだったのだが、その傾向は受け継がれるのか、その辺りは注意深く見守っておきたいポイントだろう。
  予想ソフトの本命は、そんな3歳馬の中の1頭、G2・フローラS勝ちの実績を持つ(16)シングウィズジョイだった。同馬は『C−Lex』の本命であり、ハンデ戦であるだけに『カツラギ』推奨(1)ゴールデンナンバー、『ダビジェネ』筆頭(2)アルマディヴァンらと票を分けたのだが、紙一重で総合首位を勝ちとった形だ。
  逆に古馬の実績馬、人気が予想される(12)カフェブリリアントや(13)レッドリヴェールの印は薄く、ともに総合8番手以下。穴系ソフトの推奨は(8)アイライン、(6)ディープジュエリー、(14)オツウの3頭で、全体的に3歳優勢。ターコイズSは(16)シングウィズジョイから(2)(1)(8)(6)(14)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.