競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - チャンピオンズC



 単勝272倍での大楽勝。コパノリッキー衝撃の14年フェブラリーS以降、JRAで行われるダートG1は、毎回1番人気コパノリッキー、2番人気ホッコータルマエでほぼ固定されていたのだが、今回はそこに4連勝の3歳馬(1)ノンコノユメが殴り込み。今回のチャンピオンズCは三つ巴のオッズ構成となりそうだ。
  実は1年前の同レースでも「ダートG1はコパノ、ホッコーの人気で動きがない」と書いていたのだが、それからさらに1年を経て、ようやくダートの勢力図に動きが出てきたか。
  しかし予想ソフトは、オッズ構成以上にダート勢力図に動きを感じているようだ。動きの主役は(1)ノンコノユメではない。『C−Lex』本命の5歳馬(12)クリノスターオーと、『ダビジェネ』推奨7歳馬(10)グレープブランデーの両頭である。
  さすがに『カツラギ』は(13)ホッコータルマエを本命とし、これが予想勝率17%で辛うじての総合首位。(1)と(7)に◎を打つソフトはひとつもなく、総合5番手と6番手に沈んでしまった。
  穴系ソフトが目を付けたのは(5)(9)(14)の3頭で、チャンピオンズCは(13)から(10)(12)(5)(9)(14)を結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.