競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - マイルCS



 同世代戦では8戦8連対と正確無比な末脚を見せていた(5)イスラボニータも、他世代との対戦が始まってからは5戦連対なし。しかし天皇賞では2年連続で3着に入るなど、決して力が衰えているわけではないことをアピールし、その矛先は、いよいよマイル路線に向けられることになった。
  ところがマイルチャンピオンシップ、予想ソフトの(5)イスラボニータ評は今ひとつ。『カツラギ』をはじめ、多くのソフトが2番手には挙げているものの、◎はひとつもなし。『C−Lex』推奨(3)レッツゴードンキと並んでの総合2番手というところに落ち着いた。
  『カツラギ』は春のチャンピオンホース(16)モーリスを本命とするも、その予想勝率は10%。通常『カツラギ』本命の予想勝率は15〜30%程度になることが多く、これはかなりの低確率。どうやらオッズが示す以上に混戦であるようだ。
  さらに、この上位拮抗の中に(10)フィエロや(8)サトノアラジンの名前が挙がらないのはまたひとつの思案材料。ここは素直に『カツラギ』本命の(16)モーリスから入るべきか。マイルCSは(16)から(5)(3)(7)(11)(4)への5頭流しを結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.