競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京王杯2歳S



 本日の東西メーンは1400m同距離の2歳重賞。牝馬限定のファンタジーSと違い、京王杯2歳Sは牡馬が中心勢力となるのだが、あえてこちらに挑戦する牝馬も少なくはない。
  過去には98年ウメノファイバーや05年コイウタといった牝馬が京王杯2歳Sを好走し、後にG1ホースとなっているのだが、ファンタジーS創設の96年以降、京王杯出走の牝馬は明らかに分が悪い。
  ところが予想ソフトは、7頭出走する牝馬勢の1頭(2)ボーダレスを強く推奨してきた。予想勝率14%と決して高率ではないものの、『カツラギ』や『ダビジェネ』など半数以上のソフトが同馬を筆頭に推奨。この馬が文句なしに総合首位ということになった。
  2番手以下は大きく割れて、『C−Lex』本命の(12)モーゼスや(4)シャドウアプローチ、(3)オデュッセウスに(8)レッドラウダ、(13)トウショウドラフタなど5頭以上が横一線。
  ちょっとこれでは穴系ソフトの入り込む余地はなく、京王杯2歳Sは(2)ボーダレスから馬連で(12)(4)(3)(8)(13)へ。本命の(2)ボーダレス以外は、牡馬勢で固める結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.