競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京都大賞典



 3日連続開催の最終日、いよいよG1前哨戦も大詰めとなる京都大賞典。かつては天皇賞へ向けての“最重要ステップ”と位置付けられていたG2だが、近年はレベルの低下が顕著。近年はもっぱらG2アルゼンチン共和国杯や、牝馬限定G1エリザベス女王杯に繋がるレースとなってしまっている。
  2004年のゼンノロブロイ以降、このレースの出走馬は次走・天皇賞(秋)で馬券になっていない。だからこそ、すでに次走・天皇賞を予定している(1)ラブリーデイの走りは注目されるべきなのだろう。
  しかし、今回はその(1)ラブリーデイの予想ソフト評価が上がらない。予想勝率37%だった鳴尾記念はもちろん、実は宝塚記念でも一番に票を集めていた(21%)(1)ラブリーデイが、今回は総合4番手まで。これは宝塚記念の決着が低指数だったという理由に他ならない。
  『カツラギ』と『C−Lex』は予想勝率23%で(10)サウンズオブアースを筆頭に挙げ、『ダビジェネ』本命は牝馬の(8)ラキシス。京都大賞典は馬連で、(10)から(8)(7)(4)(6)(9)の5点に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.