競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - セプテンバーS



 本日の中山メーンは準オープンのハンデ戦、セプテンバーステークス。唯一の重賞勝ち馬(13)フォーエバーモアはオープンからの降格を機にスプリント戦に転向し、ここが3戦目。そろそろ結果を出したいところだ。
  予想ソフトは基本的に(勢いよりも)実績重視。となれば、ここも本命は(13)フォーエバーモアに集中することになるのだろう。『カツラギ』『C−Lex』の推奨で、予想勝率は20%。軸馬としてはまずまず安泰といえる数字だ。
  それに続く(2)サンブルエミューズは、前年(13)フォーエバーモアと同じような手順を踏んで短距離路線に転向した牝馬。こちらは結果を出すまでに1年以上を要したが、『ダビジェネ』推奨、2kgのハンデ差で逆転を目指す。
  それに対して連勝中の(3)マルヨバクシンは、予想勝率9%の総合3番手まで。この時期の準オープンは3歳馬にとって楽な相手ではなく、後に重賞を勝てるクラスの突出馬でもないかぎり、勝ち切るまではなかなか難しい。穴系ソフトの推奨は(7)(16)(10)(11)の4頭が挙がっており、セプテンバーSはヒモ穴狙い。(13)から(2)(7)(16)(10)(11)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.