競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - オークランドRCT



 阪神メーンのオークランドRCTには2頭の3歳馬が参戦。この時期(6月〜10月)の準オープンに出走する3歳馬は、芝・ダートを問わず、ほぼ一律過剰人気になると考えて問題ないだろう。なぜならば本当に力のある3歳馬は、すでにオープンクラスに在籍しているからだ。
  2頭の3歳馬の中でも、人気は前走重賞3着の(7)タマノブリュネットだろうか。前走接戦を演じたダノンリバティは、その後古馬を相手にオープン特別を快勝。それならばこの馬も1クラス下なら十分勝負になるという換算も可能だろう。実際に『カツラギ』は予想勝率23%で(7)タマノブリュネットを筆頭に推奨している。
  ただ、それでも『ダビジェネ』本命の(11)エクストラゴールドと『C−Lex』推奨(8)イースターパレードが独走を許さない。僅差ではあるが、(11)エクストラゴールドを筆頭に、(7)タマノ、(8)イースターという三つ巴に落ち着いた。
  もう1頭の3歳馬(3)マイネルオフィールは総合5番手にとどまり、ここは消して妙味。オークランドRCTは(11)エクストラから(7)(8)(6)(4)(9)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.