競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 紫苑S



 夏競馬は先週で終わり、余韻も残さず秋競馬が開幕。今週を起点として秋華賞が行われる10月半ばまで1ヵ月、5週間ほど連続で2場開催が続くことになる。
  中山メーンの紫苑S、昨年までは秋華賞に直結するとは言いづらいレースだったのだが、昨年このレースを2着したショウナンパンドラが秋華賞を快勝。昨年は新潟、今年は中山での施行に戻るのだが、今年も新星の登場を期待したいところだ。
  予想ソフトの本命推奨は、大まかに3頭。『カツラギ』予想勝率17%の(12)テンダリーヴォイス、『C−Lex』推奨(13)ホワイトエレガンス。そして唯一の重賞勝ち馬である(1)ノットフォーマルが『ダビジェネ』の本命として挙がってきた。
  重賞勝ちだけではなく、桜花賞も5着と好走し、前走のクイーンステークスでも古馬相手に小差の4着と力のあるところを見せている。相手が楽になるここで、人気にならないほうがおかしいほどの実績馬だ。
  穴系ソフトが推奨するのは(14)ゴールデンハープ、(17)ウインマハロと(7)モアニレフアの3頭。紫苑Sは(1)ノットフォーマルから(12)(13)(14)(17)(7)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.