競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 日本海S



 新潟メーンの日本海ステークスは、JRA夏季開催唯一となる準オープンの長距離戦。芝、ダート合わせても2100mを超える準オープンは他に1レースもないのだが、毎年の出走頭数はフルゲート18頭に対して10頭前後。ここに頭数がそろわない以上、それも仕方のないことか。
  今年の日本海S、注目は唯一の3歳馬(3)アダムスブリッジか。しかし先週も書いたのだが、この時期の3歳馬が芝の準オープンを勝つのは容易なことではない。それは単純に古馬との力関係。本当に力のある3歳馬は、すでにオープンクラスの賞金を稼いでいるからだ。
  近年この条件をクリアできた馬はアヴェンチュラ、ショウナンマイティ、アズマシャトルやエイシンヒカリなど、ごく少数。勝てば重賞級の証だが、狙うとしては分が悪い。
  そして、そういった傾向を見透かすかのように、予想ソフトは(3)アダムスブリッジを完全無印。連勝中の4歳馬(4)ショウナンバッハも今ひとつ評価が上がらず、『カツラギ』などが前面に押し出してきたのは唯一牝馬の(9)セキショウだった。日本海Sは(9)から(5)(7)(6)(10)(8)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.