競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 大沼S



 長らくハンデ戦として施行されていた大沼ステークスが別定戦に変更されて2年目。今年はフルゲート割れでもあり、寂しいメンバー構成となってしまった。
  どうやらオープン勝ちの経験を持つ4頭が人気の中心となりそうな気配だが、予想ソフトの印も順当にその辺り。『カツラギ』予想勝率16%の(4)ソロルを逆転して、『ダビジェネ』推奨(8)エアウルフが総合首位ということになった。
  オープン勝ちの4頭は16%(4)ソロルを筆頭に、14%(8)エアウルフ、13%(11)カチューシャ、12%(10)ジェベルムーサと、ほとんど横一線。穴系ソフトの推奨も(6)ダブルスターと(9)カーティスバローズの2頭に集約され、大沼Sは(8)から(4)(11)(10)(6)(9)に流す結論となる。
  東京メーンの夏至Sは、さすがに降級馬の(5)アンズチャンが全会一致の大本命。『カツラギ』予想勝率の49%に異論を唱えるソフトはひとつもなく、これは相手探しに専念すべき。
  もう1頭の降級馬(3)トーセンラークの評価が低いのは、近走成績か、それとも重賞3着の地方成績が考慮されていないためか。こちらは(5)アンズチャンから(10)(14)(6)(11)(2)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.