競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 青葉賞



 昨夏からこの世代で32の重賞が施行されているのだが、重賞2勝馬はココロノアイとサトノクラウンの2頭だけ。都合30頭もの重賞ウイナーが誕生しているのだが、この青葉賞にはそれらが1頭も出走しておらず、重賞未勝利馬のみでの構成。どの馬が勝っても31頭目の重賞勝ち馬となる。
  付け加えると、ここは弥生賞組も皐月賞組も不在。クラシック路線に乗り損ねた素質馬と、皐月賞に間に合わなかった馬の争いという構図になっている。
  そういった状況で人気を集めるのは、上がり目の見込めそうな連勝馬ということになる。予想ソフトも『C−Lex』本命(4)レッドライジェルや『ダビジェネ』推奨(8)レーヴミストラル、(6)ヴェラヴァルスターといった辺りに厚い印が入っているのだが、その中で異質な存在が『カツラギ』本命の(16)マサハヤドリーム。
  前走の毎日杯8着が、このメンバーでは一番の高指数と出ているのだ。予想勝率は16%と高くはないのだが、他のソフトも同様のニュアンスは含ませており、全体的な印も決して薄くはない。青葉賞は(16)マサハヤドリームから(8)(4)(6)(1)(3)での勝負としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.