競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 阪神大賞典



 常々“予想ソフトは基本的に勢いよりも格重視の傾向が強い”と書いているのだが、ここに異変が。
  まずは阪神大賞典、格でいえば図抜けた存在であるはずの(8)ゴールドシップ。レース史上初の三連覇に挑む同馬が、予想ソフトにまったく評価されていないのだ。
  『カツラギ』予想勝率14%で印欄には△だけが並び、総合3番手。その上に『カツラギ』本命27%の(4)スズカデヴィアスと、『ダビジェネ』『C−Lex』推奨23%(7)ラブリーデイが居座る形に落ち着いた。
  各ソフトの詳細を見ると、前走のAJCC7着はもちろん、有馬記念3着の指数も低く、この数値ではG2でも通用しないとのこと。一刀両断、(8)ゴールドシップは終わってしまったという判断なのか。目を疑う予想結果、阪神大賞典は(7)ラブリーデイから(4)(1)(10)(2)(9)に流す結論となる。
  中山メーンのスプリングSは、こちらも少々意外。実績でいえば一番のはずのG1ホース(8)ダノンプラチナが総合3番手に沈み、◎はすべて(6)リアルスティール。ただしこちらは人気どおりか。予想勝率35%。(6)から(3)(1)(5)(10)(2)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.