競馬マスターズ
2018年11月11日15:08 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 中山牝馬S



 毎年3〜4頭ほどが56kg以上に設定されていた中山牝馬Sだが、今年は54kgの馬5頭が横並びでトップハンデという、低調なメンバー構成。要はハンデの重い馬を買っておけばOKというのが中山牝馬Sのセオリーだったのだが、今年はどうなってしまうのだろう。
  実績重視ならば当然か、予想ソフトが狙ってきたのは、それでもトップハンデ・54kgの馬たちだった。『カツラギ』の本命が予想勝率17%の(9)ブランネージュで、『C−Lex』は(8)アイスフォーリス、そして『ダビジェネ』が(3)バウンスシャッセといった具合だ。
  (12)スイートサルサは残念ながら出走を取り消してしまったが、もう1頭のトップハンデ・(11)エバーブロッサムは『Queen』をはじめとする穴系ソフトの支持を一身に集める形。近走二桁着順が続いているが、それでもオークス2着馬。着差的には着順ほどは負けていない。
  (11)エバーブロッサムを除けば、(3)(8)(9)と人気どころばかりなのだが、(13)と(15)も加えて5頭横並びのオッズより幾分かは絞れそう。中山牝馬Sは(8)アイスフォーリスから(9)(3)(11)(7)(14)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.