競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 中日新聞杯



 中京メーンの中日新聞杯は古馬重賞の中核をになう芝2000mのハンデ戦。今年も好調馬と実績馬が入り乱れての混戦が予想されるところ。ポイントとなるのは末脚の爆発力だろう。
  しかしそういったハンデ戦であるにもかかわらず、予想ソフトの本命は大半が(10)デウスウルトで一致した。『カツラギ』の示す予想勝率は21%。朝日チャレンジカップと中山金杯を連続好走した上で、それでもハンデの55kgがお手頃と判断されたということか。
  『カツラギ』の2番手は14%の(14)ミトラで、3番手に9%(1)ディサイファ。この辺りは順当に実績上位ということだろうか。ハンデの重い中では(3)ユールシンギングの予想勝率が2%、(13)ヒットザターゲットのそれも1%と低めに出ている。
  このレースは穴系ソフトが元気なのも特徴で、おそらく人気になるであろう(14)ミトラや(1)ディサイファではなく、相手はそちらに絞るというのも一興。その候補は(7)パッションダンス、(18)アドマイヤフライト、(12)メイショウカンパク、(17)アンコイルドと(8)フレージャパンで、中日新聞杯は(10)デウスウルトから(7)(18)(12)(17)(8)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.