競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 弥生賞



 牡馬戦線に重賞2勝馬不在、混戦のまま迎えた皐月賞トライアルの弥生賞。その混戦から抜け出す馬が現れるのか、それともさらなる混迷へのいざないか。皐月賞への試走ではない、今年の弥生賞は熱いレースになりそうだ。
  この状況、実は2008年とまったく同じで、その年はマイネルチャールズが弥生賞で重賞2勝目を飾ったのだが、ダービー馬のディープスカイはその時点で8戦1勝の条件馬、菊花賞馬オウケンブルースリは未出走の馬だった。
  同じ重賞1勝でも大きな期待を集めるのは無敗の良血(3)シャイニングレイ。しかし同馬の予想ソフト評価は今ひとつ上がらず、『ダビジェネ』推奨の総合2番手にとどまった。
  『C−Lex』と『カツラギ』は重賞勝ちにレコードのオマケも付いた(9)クラリティスカイを本命に抜擢。予想勝率20%は決して高い数値ではないが、17%(6)グァンチャーレや14%(5)ブライト、それに13%(8)トーセンらを一歩リードする。
  穴系ソフトが狙うのは(10)タケルラムセスと(7)ジャストフォーユーの2頭で、弥生賞は(9)から(3)(6)(5)(10)(7)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.