競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - アーリントンC



 突然の悲報。謹んで後藤浩輝騎手のご冥福をお祈りいたします。
  阪神メーンのアーリントンカップは、朝日杯FSからシンザン記念と続く3歳牡馬のマイル路線。しかしこのレース、過去勝ち馬の半数が次走に1800m以上のレースを選択している点は気にかけておくべきか。決してマイラー固定のレースというわけではない。
  過去2年はコパノリチャードやミッキーアイルといった快速馬が通過点として選択したRだったが、今年は実績馬不在の混戦模様。
  しかし実績馬といえば、朝日杯FS2着の(4)アルマワイオリが一枚抜けた存在。予想ソフトはこの辺りの格に敏感で、『C−Lex』をはじめ、半数近くが同馬に◎を打ってきた。
  指数の精度で的中率の向上を目指す『カツラギ』は予想勝率19%で(1)ナヴィオンを推奨するも、(4)にはわずかに及ばず総合2番手。こちらは年明けシンザン記念が評価されるも、3着では今ひとつ推しが弱い。
  逆に穴系ソフトが推奨するのは(2)(8)(6)(11)といった重賞初挑戦組で、これらの融合が中穴狙いの本質。アーリントンCは実績馬(4)から(1)(2)(8)(6)(11)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.