競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - フェブラリーS



 昨年の最優秀ダートホースであるホッコータルマエが早々に回避を表明し、それならばと対抗格に挙がったエアハリファも外傷で回避、気がつけば前年の覇者(4)コパノリッキーの一強となってしまったフェブラリーS。前年単勝272倍を超えていたこの馬が、今年はどこまで票を伸ばすのか。
  予想ソフトの印を集計すると、やはり一番に支持を得ているのは(4)コパノリッキーだった。主なところで『カツラギ』が筆頭に推奨する同馬の予想勝率は19%、決して高いとは言えない数値だが、1%にも満たなかった前年と比べれば、オッズ同様に雲泥の差か。
  ただ、言ってしまうとオッズほど2番手以下との差を感じない。『ダビジェネ』は(1)ローマンレジェンド、『C−Lex』は(2)コーリンベリーを本命に掲げ、それらの予想勝率も13%前後。もう1頭16%の(13)ワンダーも加え、四つ巴と捉えることもできる状態だ。
  (2)コーリンベリーや(13)ワンダーアキュートの人気が薄いだけに、ここから入るという手もあるのだが、3頭どれも決め手には欠け、結局は総合首位の(4)コパノリッキーになってしまうのか。フェブラリーSは(4)から(1)(13)(2)(8)(16)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.