競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京都牝馬S



 年間4レースだった1995年から段階を踏んで増設され、2006年ヴィクトリアマイルの創設をもって現在の年間10レース体制となった、古馬牝馬の重賞戦線。その中でもこの京都牝馬ステークスは年明けの緒戦、伝統ある牝馬限定重賞として、今年でついに50回目を迎えることになる。
  京都のマイル重賞といえば、昨年圧倒的な成績を残したディープインパクトの産駒。今年も(8)キャトルフィーユと(14)ウリウリがスタンバイしており、どうやら人気の中心はこの2頭ということになりそうだ。
  予想ソフトの見解もその両頭に集中しており、特に評価が高いのは前年同レースの勝ち馬でもある(14)ウリウリのほう。『カツラギ』予想勝率21%での本命を、『ダビジェネ』が後押しする形での総合首位となっている。
  (8)キャトルフィーユは堅実に対抗の印を積みかさね、『C−Lex』本命の(16)アロマティコも、その間を割るまでには至らず。京都牝馬Sは穴系ソフト推奨の(3)マコトブリジャール、(7)ベルルミエールと(5)トーセンベニザクラを加え、(14)から(8)(16)(3)(7)(5)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.