競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 招福S



 東西金杯、ジャニュアリーSに万葉Sと続いた年明けの(メーンレース)ハンデ連戦も、これが最終戦となりそうな招福ステークス。ダート1800mの準オープンに、フルゲートの16頭が集結した。
  このレース、トップハンデは同級3戦連続3着の(5)マイネルバウンスだが、予想ソフトが注目したのは明け4歳の新鋭、(14)ストロングサウザーのほうだった。
  同馬は『カツラギ』『C−Lex』の本命で、その予想勝率は22%。ひとまず軸馬としては過不足ない存在だと考えられる。
  『カツラギ』の2番手は12%のトップハンデ・(5)マイネルバウンスで、続いて準オープンの安定勢力(12)タナトスが11%。(3)バーディーイーグルも含め、ハンデの重い馬が順当に評価されているが、それらを飛び越えて4歳馬(14)ストロングサウザーが存在するといったところか。
  穴系ソフトが目を付けたのは(15)ニシノオウガイ、(7)ダノンミルと(16)コウセイコタロウの3頭で、(15)ニシノオウガイが出走を取り消したのは痛手だが、招福Sは(14)ストロングサウザーから(5)(3)(12)(7)(16)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.