競馬マスターズ
2018年07月22日15:16 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ジャニュアリーS



 中山メーンのジャニュアリーステークスは、ダート短距離のハンデ戦。前日の東西金杯に加え、このレースと京都の万葉ステークス、今週の開催は東西メーンの4レースすべてがハンデ戦。正月競馬ならではの構成なのだろう。
  的中率を重視するタイプの予想ソフトは、勢いや将来性よりも実績のある馬を重視する傾向にあるのだが、ここはオープン4勝(8連対)の(2)マルカフリートを押し退けて、オープン未勝利の(11)レーザーバレットが総合首位に居座ることになった。
  しかもただの首位ではない。『カツラギ』『ダビジェネ』『C−Lex』の本命そろい踏み。予想勝率の19%も2番手(2)マルカフリートの9%を寄せ付けない、堂々たる高評価なのである。
  これはひとえに、経験してきた距離の差か。それならば1200mを専門に走ってきた(9)ダッシャーワンの評価が上がらないのも理解できるところではある。
  穴系ソフトの推奨は、(7)スリーボストン、(6)メイショウツチヤマと(1)ナンチンノンの3頭で、ジャニュアリーSは(11)レーザーバレットから(2)(3)(7)(6)(1)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.