競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 有馬記念



 いよいよ2014年も大詰めとなるグランプリ。当初は凱旋門賞を大敗した(14)ゴールドシップの一強になるのではないかと懸念された有馬記念だが、JCでの結果を受け、そのJC上位組が続々と参戦を表明。そしてさらには枠順の妙、三強とも四強とも言われる混戦ムードになってきた。
  それでもしかし、予想ソフトが圧倒的に評価するのはジャパンカップを圧勝、楽勝した(13)エピファネイア。『カツラギ』予想勝率37%を『ダビジェネ』が後押しし、『C−Lex』推奨、総合2位の(3)ワンアンドオンリー以下を寄せ付けない。
  『カツラギ』2番手は予想勝率21%の(15)ジャスタウェイで、ここにも3番手9%で(3)ワンアンドオンリーの名前が挙がっている辺りには注意が必要。JC7着惨敗も、それでも人気を上げてくるのは好調の証と考えても良いはずだ。
  (14)ゴールドシップと(4)ジェンティルドンナには△がチラホラと付く程度で、総合順位は5位、6位。有馬記念は穴系ソフト推奨の(7)ラストインパクト、(2)ヴィルシーナと(11)サトノノブレスを加え、(13)から(3)(1)(7)(2)(11)での勝負としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.