競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ジャパンカップ



 かつては国内最強馬が外国馬に手も足も出ない姿を見るだけのレースだったが、近年のジャパンCはその立場が完全に逆転。現在は国内古馬と3歳馬の比較が焦点のレースとなっている。
  毎年この時期になると注意書きが必要になるのだが、予想ソフトの多くは海外成績を“まったく無かったもの”として扱うことになる。
  よって今回の外国馬3頭は初出走新馬の扱い、(1)ジャスタウェイは昨年の天皇賞から3連勝中、(6)ハープスターにしても札幌記念以来3ヶ月の休み明けという設定になっている。
  そして予想ソフトが高く評価するのは、やはりその2頭。(1)ジャスタウェイは『ダビジェネ』の本命であり、『カツラギ』『C−Lex』の推奨は(6)ハープスター。予想勝率15%は決して高い数値とは言えないのだが、(15)(3)(9)など天皇賞の上位勢がまったく評価されない中、アタマひとつは確実に抜け出している。
  それにしてもどうしたことか。天皇賞は低レベル戦と判定されており、総合3位に(4)エピファネイア、4位も(5)ヒットザターゲット。ジャパンカップは(6)から(1)(4)(5)(10)(12)の結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.