競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - エリザベス女王杯



 クラシック三冠レースを戦ってきた3歳馬と、歴戦の古馬が正面から激突するエリザベス女王杯。96年、このレースが古馬に解放されてからの最初の5年間は古馬が上位人気を独占するレースだったのだが、それ以降の13年間は3歳馬の人気が優勢。今年もその傾向は続いているようだ。
  しかしこれが3歳馬優勢のレースかというと、まったくそのようなデータは残っていない。過去10年に限定しても3歳馬5勝に対して古馬も5勝。1番人気の数は3歳馬7頭に対して古馬3頭。そして馬券になった過去10年のべ30頭の内訳は、3歳馬は10頭に対して古馬20頭となっている。
  そういった傾向を知ってか知らずか、予想ソフトは3歳馬の存在を一切無視。(1)ラキシスと(16)スマートレイアー、一騎打ちの構図を打ち出してきた。前者は『カダビジェネ』『カツラギ』の本命で、予想勝率17%。後者が『C−Lex』推奨、11%でこれを追う。
  (5)ヌーヴォレコルトは総合7番手にとどまり、(12)ショウナンパンドラは総合11番手。さすがにここまでの低評価は意外だが、エリザベス女王杯は(1)から(16)(15)(9)(3)(7)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.