競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - デイリー杯2歳S



 6月に始まった2歳戦も佳境に入り、この時期になると翌年クラシックを睨んだメンバーが続々と重賞に登場。今年のデイリー杯2歳ステークスは、少頭数ながら素質馬、良血馬が数多く集まった印象だ。
  その中でも『カツラギ』が筆頭に推奨するのは予想勝率36%での(2)ナヴィオンだった。それに続く21%(3)アルマワイオリと14%(8)タガノエスプレッソの3頭で三強を形成し、4番手(9)アッシュゴールドは6%となったいる。
  (9)アッシュゴールドは穴系ソフトの支持を多く集め、人気を考えると妙味には乏しい存在か。2戦2勝の(1)ケツァルテナンゴも意外と評価は上がらず、これは総合6番手。デイリー杯2歳Sは(2)ナヴィオンから(3)(8)(6)(4)(7)に流す結論としてみたい。
  今年は小粒なメンバー構成となった、東京メーンの武蔵野S。こちらは古豪・8歳となった(13)ダノンカモンが『カツラギ』予想勝率16%の本命も、総合ではそれを大きく上回る評価を得た『C−Lex』推奨(11)ワイドバッハ。こちらはメンバー手薄で波乱ムード、(11)から(13)(10)(14)(5)(6)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.