競馬マスターズ
2018年11月11日15:08 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 菊花賞



 73年タケホープ以来、41年ぶりのダービー、菊花賞の二冠を目指す(15)ワンアンドオンリー。強敵は弥生賞と皐月賞で実際に(15)を封じ込めている(14)トゥザワールドか、それとも神戸新聞杯で(15)に際どくせまった(4)サウンズ&(2)トーホウか。予想ソフトが高く評価したのは(15)ではなく、それらのライバル勢のほうだった。
  まず『カツラギ』は予想勝率17%で(14)トゥザワールドを筆頭に推奨。それに続く2番手が12%の(15)ワンアンドオンリーで、さらに11%の(12)タガノグランパ。さすがに格を重んじる『カツラギ』、最も格の高いダービーの上位馬が順当に評価されているようだ。
  それに対して『ダビジェネ』と『C−Lex』は、それぞれ(4)サウンズと(2)トーホウを最上位に。どのソフトを見ても(15)が2番手に入っている辺り、決して低い評価ではないのだが、それでも総合3番手。四強の一角でしかない。
  穴系ソフトが目をつけたのは、先行力のある(3)サングラスと(5)シャンパーニュで、忘れてならない“もう1頭のダービー上位馬”(1)マイネルフロスト。菊花賞は(14)トゥザワールドから(2)(4)(3)(5)(1)の結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.