競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 富士S



 東京メーンの富士ステークスは、G1・マイルCSへのステップと位置づけられるG3。2週前には類似条件のG2・毎日王冠、翌週にはG1・天皇賞が控える日程で、手薄になりがちなメンバー構成。ゆえに人気薄の好走がめだつ、大荒れ傾向の重賞となっている。
  今年まず注目すべきは、前年の勝ち馬である(14)ダノンシャークか。前年同レースから足踏みが続いているが、言い換えれば単勝2.4倍で快勝した前年と変わらない状態での出走。前年と同斤量、臨戦過程もまったく劣るものではない。
  予想ソフトはフラットな視点で同馬を高く評価。『カツラギ』と『ダビジェネ』が予想勝率25%を提示しており、軸馬はスンナリと決定。あとはこのレースの名物である、人気薄の相手馬を探すだけだ。
  そして穴系ソフトの推奨で気がついた。(14)だけではなく、このレースにはもう1頭、4年前の勝ち馬(8)ダノンヨーヨーもいる。他に推奨される穴馬は前年3着(7)シャイニープリンスと(6)コスモソーンパークの2頭。富士Sは(14)ダノンシャークから(15)(13)(8)(7)(6)の5頭に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.