競馬マスターズ
2018年11月11日15:08 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - シリウスS



 阪神メーンのシリウスSは、長距離に分類されるダート重賞、ハンデ戦。近年このレースは古馬に対する3歳馬の、力試しの場となっている。斤量面でも恵まれる3歳馬は(現在の施行条件になってからの)過去7年で3勝を挙げているのだが、今年は3歳馬の出走なし。その点、やや物足りなさを感じる部分もある。
  予想ソフトの評価は割れ気味。『C−Lex』と『ダビジェネ』はそれぞれ(13)ソロルと(4)クリノスターオーを本命に挙げ、それらと競るように(14)サトノプリンシパルや(5)ケイアイレオーネの名前も。これらはいずれも4歳馬。3歳馬不在なら中心は4歳馬ということだろうか。
  しかしこれらの推挙を抑えこむように、『カツラギ』本命は5歳馬の(10)ナムラビクターと出た。予想勝率18%も、ハンデ戦ならまずまずの数値。僅差で競り合う4歳馬たちを退けて、この馬が総合首位ということになった。
  穴系ソフトの推奨馬も多岐に渡り、(2)ヴァン、(1)グランドと(11)マイネル、(12)ジャンナの4頭。軸馬が上位拮抗だけに難しいところだが、シリウスSは(10)から(4)(2)(1)(11)(12)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.