競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 新潟日報賞



 新潟メーンの新潟日報賞は芝の準オープン、ハンデ戦。このレースには前走オープンクラスを走っていた馬が2頭おり、その(2)カオスモスと(5)マジックタイムが人気の中心という構図になりそうだ。
  とくに(2)カオスモスはハンデ頭の58kg。準オープンのハンデ戦で58kg以上を背負わせされる馬の成績はかなり良好で、実はオープンクラスのハンデ戦で58kg以上を背負う馬よりもよほど好成績。トップハンデにはそれなりの理由があるということだ。
  その(2)カオスモスは『カツラギ』の本命で、予想勝率15%ながら辛うじて総合首位。考えてみればハンデ戦で抜けた評価を得る馬が多いはずもなく、前記のデータも合わせて考えるなら、ここは捻る必要もなく、本命(2)カオスモスで良いのではないかと考えた。
  『C−Lex』と『ダビジェネ』はそれぞれ(15)ジョーオリオンと(4)サマールナを筆頭に推奨し、(5)マジックタイムはほとんど無印の総合11番手。穴系ソフトの推奨は(1)デンファレと(7)サトノヒーローといった辺りで、新潟日報賞は(2)から(4)(15)(18)(1)(7)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.