競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 函館記念



 2005年から2007年にかけてエリモハリアーが三連覇。函館記念は前週の七夕賞と並び、夏競馬を象徴するハンデ重賞と言えるだろう。七夕賞と函館記念のハンデ差を見くらべてみると、何か面白い傾向が見えてくるような気がしないでもない。
  今年の目玉は函館記念は(13)グランデッツァを筆頭に、3歳牝馬(14)バウンスシャッセ、重賞2着6回の(16)アドマイヤタイシなど話題性のある馬がそろった印象。それだけに、それら3頭いずれも外枠に入ってしまったのは少々残念だ。
  しかしそれでも、予想ソフトはそれら3頭を上位に推奨。好成績を残す予想ソフトは、基本的にタイムや勢いよりも格を重視する傾向にある。ならば皐月賞1番人気馬やオークス3着馬が上位に査定されるもの当然のことか。
  『カツラギ』『ダビジェネ』『C−Lex』はそろって(13)グランデッツァを筆頭推奨し、その予想勝率は25%。続いて15%(14)バウンスシャッセに10%(16)アドマイヤタイシと、上位は不動の三強体制。穴系ソフトの推奨は(1)(4)(5)の3頭で、函館記念は(13)から(14)(16)(1)(4)(5)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.