競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 夏至ステークス



 東京メーンの夏至ステークスはダート1600m、準オープンのハンデ戦。クラス再編成で降級馬の多い時期ではあるが、ここはオープンからの降級馬は不在。前走このクラスを勝って同条件の(14)クラージュドールがトップハンデということになった。
  『カツラギ』の本命は予想勝率16%、まさしくその(14)クラージュドールなのだが、斤量の影響か、多くの予想ソフトは同馬を3番手までにとどめている。
  替わって浮上するのが、『ダビジェネ』『C−Lex』本命の(12)スズカヴィグラス。(14)クラージュドールのほうは出走全馬と初対戦。斤量差があるならこの比較、理解できないこともない。
  もう1頭の連勝馬(5)トロワボヌールは存外に印が薄く、ここでは総合5番手まで。穴系ソフトの推奨は(4)トウショウフォアゴ、(13)ユジェニックブルーに(8)ダノンハラショーといった高齢馬3頭で、夏至ステークスは(12)スズカヴィグラスから(14)(3)(4)(13)(8)に流してみたい。
  阪神メーンの三宮ステークスは、予想勝率29%の(7)カフェシュプリームが『カツラギ』&『ダビジェネ』の本命として一致。こちらは(7)から(1)(8)(10)(2)(15)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.