競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 鳴尾記念



 金鯱賞と入れ替わる形で、一昨年から6月開催の芝2000m戦となった鳴尾記念。このレースの歴史をみてみると、ほぼ5〜10年ごとに施行条件が一新されており、位置づけの定まらないレースという印象。これほど施行条件がコロコロと変わるレースも珍しい。
  現在は宝塚記念へ向けてのステップという位置づけになった別定G3。ショウナンマイティとダノンバラード。勝ち馬でこそないものの、実は2年連続で宝塚記念での穴馬を輩出していたりもする。
  まず、予想ソフトが目をつけたのは、同コース大阪杯の2着馬(9)トウカイパラダイス。この馬と(3)カレンミロティックの2頭を『ダビジェネ』と『C−Lex』が相互に本命・対抗に支持しており、両頭の上位は強固なものかとも思えた。
  しかし、それらを切り裂く『カツラギ』本命の(7)エックスマーク。その予想勝率29%は2番手16%の(11)エアソミュールを大きく上回り、それに加えて『ダビジェネ』『C−Lex』など▲評価が多数。総合ではアッサリと(9)(3)の2頭を逆転してしまった。鳴尾記念は(7)から(9)(3)(10)(6)(12)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.