競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 天皇賞(春)



 ポスト・オルフェーヴルをめぐる前哨戦が終わり、いよいよ第一ラウンドの天皇賞。三強とも四強とも言われていた戦前だったが、ふたを開けてみれば(14)キズナを頂点としたトライアングル体制。そのバトンは8馬身の差がついた有馬記念ではなく、凱旋門賞で渡されたというシナリオか。
  しかし予想ソフトはそのシナリオをやんわりと否定する。それぞれが前哨戦を完勝した人気3頭だが、阪神大賞典、日経賞と大阪杯、スピード指数が一番低いのは(14)キズナの大阪杯であるというのが予想ソフトの総意であるからだ。
  それでもなんとか『C−Lex』の本命を勝ちとったものの、(14)キズナは総合3番手まで。『カツラギ』は予想勝率21%で(8)ゴールドシップを筆頭に推奨し、『ダビジェネ』は人気3頭の間隙を縫って(3)サトノノブレスをロックオン。
  たしかに前哨戦で一番指数が高いのは(8)の阪神大賞典、そして同馬はそれに類似する指数を過去に何度も叩き出している。勝ったG1の数なら(14)も(12)も問題ではなく、力を出しきれば最上位という評価は妥当なところか。天皇賞は(8)から(3)(15)(2)(5)(16)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.