競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 皐月賞



 2歳時はことごとく牝馬に重賞勝ちをさらわれ、どうなることかと思われた今年の牡馬クラシック路線だが、朝日杯FSとラジオNIKKEI杯2歳S、年が明けてもきさらぎ賞と共同通信杯、そして各種トライアルの勝ち馬が順調に出走し、なんとか皐月賞としての形を成してきた。
  しかしながら、きさらぎ賞と共同通信杯の勝ち馬がトライアルに出走せず、上位人気馬はほとんど未対戦のまま本番を迎えた感が強い。今回上位人気馬同士の対戦を2回経験しているのは(1)ワンアンドオンリーぐらいのものだ。
  こうした迷い、難しさは予想ソフトの印にも表れており、(2)イスラボニータ、(1)ワンアンドオンリー、(17)トゥザワールド、(7)トーセンスターダムなどの人気各馬がほとんど横一線で並ぶことになった。
  どこから入るにしても人気どころなのが歯がゆいところだが、最終的な総合首位は『カツラギ』の本命、予想勝率21%の(16)アジアエクスプレス。2番手10%(2)イスラボニータ、3番手9%(3)クラリティシチーとの差が決め手となったか。皐月賞は(16)から(2)(1)(7)(11)(3)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.