競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 高松宮記念



 短距離界史上最強ともいわれたロードカナロアが引退し、新たな戦国時代を迎えた短距離戦線。新時代に相応しいのは若い4歳と、(14)レディオブオペラが期待されたのも束の間。それをも打ち破った5歳(9)ストレイトガールが1番人気に支持されることになりそうだ。
  なにせ1年前には11戦2勝、最下級条件でくすぶっていた馬。それだけに予想ソフトの評価が気になるところだが、これは可もなく不可もなし。◎を打っいてるのは『ダビジェネ』だけなのだが、『カツラギ』など多くのソフトが同馬を3番手以内に挙げている。
  しかしそれでも(9)ストレイトは総合2番手まで。それよりも目を引くのが『カツラギ』本命、予想勝率25%(5)コパノリチャードの存在だ。この高評価は『カツラギ』だけではなく、『ダビジェネ』『C−Lex』の対抗の印。『C−Lex』の本命は(14)レディオブオペラなので、人気上位では(12)ハクサンムーンだけが置かれた状態となっている。
  いや、それどころか(12)ハクサンムーンはまったくの無印。穴系ソフトの推奨は(4)(17)(8)の3頭なので、高松宮記念は(5)から(9)(14)(4)(17)(8)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.