競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 日経賞



 昨年末の有馬記念2着で、重賞1勝のまま現役最強に名乗りを挙げた(10)ウインバリアシオン。その重賞勝ちもG3・青葉賞で、2011年。もはや3年も前の話だったりする。
  しかしそこは日本ダービー、菊花賞、有馬記念でオルフェーヴルの2着だった馬。その実績は目に見えており、今回の日経賞では『カツラギ』が予想勝率20%で同馬を筆頭に推奨。『C−Lex』本命の(8)フェノーメノと『ダビジェネ』筆頭(2)ラストインパクトをわずかに退けての総合首位となった。
  穴系ソフトの推奨一番手は(14)アドマイヤフライトで、実はこれが予想勝率19%の『カツラギ』2位。(13)オーシャンブルーはほとんど無印にも近い状態で、予想勝率3%。このあたりは意図的に軽視し、日経賞は(10)ウインバリアシオンから(8)(2)(14)(1)(3)に流してみたい。
  阪神メーンの毎日杯は『ダビジェネ』と『カツラギ』が(7)リーゼントロックに◎を打つというサプライズ。先週のスプリングSを5着、その実績がここでは大威張りという見解のようだ。予想勝率28%、こちらは(7)リーゼントロックから(6)(1)(2)(5)(14)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.