競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - フラワーカップ



 毎年3月、なぜか毎年この時期に集中して施行される中山芝1800m重賞。中山記念、中山牝馬Sに続いて、今週のフラワーカップとスプリングステークス。その次は年内施行されず、おそらく来年3月の中山記念になるはずだ。過去20年以上さかのぼっても変化のない、不思議なコース設定である。
  すでに重賞を勝っているような馬は先のチューリップ賞やフィリーズレビューを目指すため、実績馬不在、混戦ムードのイメージが強いフラワーCだが、実際のところ過去10年勝ち馬のうち7頭は2勝馬。そういった意味では(数少ない)実績馬がキッチリと結果を残しているレースと言えるだろう。
  しかしそういった傾向をよそに、『カツラギ』の本命は1勝馬の(9)マイネグレヴィル。その予想勝率は19%であり、そのあとに3頭の2勝馬、14%(15)マイネオーラムと13%(7)バウンスシャッセ、そして9%(10)クリスマスが2〜4番手で続く形になっている。
  穴系ソフトの推奨は(2)(4)(13)の3頭で、サンデーサイレンス系を根こそぎおさえてのブライアンズタイム産駒。フラワーCは(9)から(7)(15)(2)(4)(13)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.