競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 中山牝馬S



 中山牝馬Sは毎年3〜4頭ほどが56kg以上に設定されるレースなのだが、今年はトップHが55.5kg。実績馬に対する斤量のとらえ方が大きな鍵となりそうだ。
  予想ソフトは、そのトップハンデ(10)エクセラントカーヴをバッサリと切り捨てた。『カツラギ』こそ同馬を予想勝率16%での2番手に挙げているものの、他に▲以上の印を付けるソフトは無し。さすがに無印ではないが△がズラリとならび、総合4番手にとどまった。
  同じく人気が予想される(6)フーラブライドはさらに下。『カツラギ』予想勝率6%、△の印も半数ほどしか付かず、こちらは総合7番手に沈む。
  『カツラギ』は予想勝率21%で(2)ノボリディアーナを本命とし、『ダビジェネ』は(5)ノーブルジュエリー、『C−Lex』は(13)ケイアイエレガントをそれぞれ筆頭に推奨。混線ではあるが、これら3頭が中核となる。
  穴系ソフトが注目するのは(1)クラウンロゼや(3)エバーブロッサム、(8)セキショウといった4歳で、それを言うなら(2)ノボリディアーナも4歳馬。中山牝馬Sは(2)から(5)(13)(1)(3)(8)、4歳中心の買い目を形成する。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.