競馬マスターズ
2018年09月23日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - シルクロードS



 最強の呼び声も高いロードカナロアが引退し、主役不在となったJRAの短距離戦線。前年勝ち馬のドリームバレンチノはダート路線に転向するようで、シルクロードSは4連勝中の(1)レディオブオペラが、次期主役としての期待を一身に集めることになりそうだ。
  しかしながらハンデ戦。トップハンデは(1)レディオブオペラではなく、58.5kgの(9)マジンプロスパー。牡牝の差や4歳馬であることを差し引いても(1)レディがトップハンデ相当であるとは言いがたく、この辺りは思案のしどころか。
  『カツラギ』の本命はその(9)マジンプロスパーで、23%(1)レディオブオペラに対しての予想勝率は33%。前走こそ大敗してしまったが、それを除く近走は、いずれも(1)レディオブオペラの前走数値を上回っている。
  『カツラギ』は3番手に18%で(2)ストレイトガールの名前を挙げ、続いて13%(3)プレイズエターナル。5番手(7)ワキノブレイブは大きく離れた2%なので、(9)を中心とした4頭の争いということだろう。シルクロードSは穴系ソフト推奨の(11)レオンと(13)スギノも加え、(9)から(1)(2)(3)(11)(13)の5点で勝負してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.