競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - アメリカJCC



 中山メーンのAJCCは長距離に分類される別定の古馬重賞。毎年このレースは5歳勢が主力と相場が決まっているのだが、今年は5歳馬の出走なし。それに代わって4歳勢が中心勢力を務めることになりそうだ。
  予想ソフトの推奨も、その多くが4歳勢。とりわけ、その中でもひときわ異彩を放つのが『カツラギ』本命(1)フェイムゲームの存在だ。的中率重視の『カツラギ』が、この馬に◎が打っているだけでもちょっとしたニュースなのだが、その予想勝率51%で再度仰天。これは一体どうしたことか。
  詳しく調べてみると、やはり前走のディセンバーSが飛び抜けた高評価だった。中山金杯での62%サムソンズプライド(7番人気7着)、日経新春杯での41%クラウンレガーロ(8番人気9着)と、『カツラギ』のディセンバーS組狙いは不発に終わっているのだが、三度目の正直となるか?
  『カツラギ』を除けば大半の予想ソフトは(14)レッドレイヴン本命であるだけに難しいところだが、ここはもう一度だけ。AJCCは『カツラギ』本命(1)フェイムゲームから(14)(11)(9)(5)(2)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.