競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - フェアリーS



 3日間開催の最終日、中山メーンの重賞は3歳牝馬限定のフェアリーステークス。朝日杯に対するシンザン記念のような位置づけのレースなのだが、今年はなんと2勝以上馬の出走がゼロ。500万下条件戦と何ら変わりのないメンバーとなってしまった。
  しかし各馬の現状クラスこそ500万下ではあるものの、それでいてあえて重賞に挑戦させる陣営の意気込み。そういった意味では並の条件戦には無い、重賞の格というものは保たれているはずだ。
  格上挑戦といえば、前走牡馬を相手にG1・朝日杯に出走した(6)グリサージュ。9着とはいえコンマ7秒差の競馬は恥じるに値せず、予想ソフトも『カツラギ』『ダビジェネ』『C−Lex』すべての本命がこの馬に集中した。
  『カツラギ』の示す予想勝率は26%で、それに続くのが13%(9)イントロダクションと12%(14)ルナレディ、11%(7)オメガハートロックの3頭。穴系ソフトの推奨馬は(1)シーロア、(2)マリーズケイと(5)デルマサリーチャンで、フェアリーSは(6)グリサージュから(9)(14)(1)(2)(5)。このコース、内目の枠を中心に狙ってみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.