競馬マスターズ
2018年11月11日15:08 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 大和ステークス



 京都メーンの大和ステークスには3年前の2歳チャンピオン(2)アルフレードが出走。奇しくも同日復帰となった10R逢坂山特別のアダムスピークと合わせて気になるところだが、予想ソフトの期待は8歳馬の(6)マルカフリートが一身に請け負うことになった。
  同馬は『カツラギ』『ダビジェネ』など予想ソフト過半数の本命で、その予想勝率は14%。6走前に前年の同レースを勝っており、近走も好調キープというなら何の不思議もない評決か。斤量の58kgも昨年と同じ。(12)ガンジスや(4)フリートなどの5歳勢にはまだ負けられないところだろう。
  『カツラギ』の2番手は10%の(5)キョウワダッフィーであり、『C−Lex』は(7)ファリダットを筆頭に推奨。(6)を中心にこの3頭が上位を形成しており、5歳勢は総合4〜8番手に固まって陣取る配置となった。
  逆に穴系ソフトの推奨は(4)フリートストリートや(1)キズマ、(9)ジョヴァンニといった辺りなのだが、これらはすべて前述の総合4〜8番手に固まった5歳勢。そういった意味では高配当のヒモ穴も望みづらく、大和ステークスは(6)から(7)(5)(4)(1)(9)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.